IoTゴミ箱のセンサーの取り付け方

はじめに

ここでは、IoT ゴミ箱を作成するに当たって、ゴミ箱にToF センサーを取り付ける方法をご紹介します。 駅構内やショッピングモールなどでみられるゴミ箱の形には上部が二等辺三角形になっているものと直角三角形になっている2種類があります。

取り付け方

二等辺三角形の場合

以下の写真のようなゴミ箱の上部が二等辺三角形になっているゴミ箱の場合は、3D プリンターで土台となるものを作ります。

横から見たゴミ箱

ゴミ箱の断面図は以下の図で、土台とセットになったウェビオのセンサーをゴミ箱に取り付けることでゴミ箱の頂点から真下の距離を測定することができます。

断面図

こちらが 3D プリンターで作った土台です。

3Dプリンターの土台

土台とウェビオのセンサーを強力な両面テープで固定してゴミ箱に取り付けています。

ToFセンサーと土台

以下の画像がゴミ箱にセンサーを取り付けた様子です。

ゴミ箱とセンサー

直角三角形の場合

直角三角形の場合も同様に土台となるものを 3Dプリンターで制作します。しかし、センサーを壁際にそのままつけるとゴミ箱の壁を計測してしまうため少し角度のついた土台を作る必要があります。

直角三角形の場合の取り付け方

以下の写真が実際に取り付けた様子です。

センサーに土台を取り付け

日光の影響

ToFセンサーが日光の影響を受けるかどうかの調査を行いましたが、問題なく計測することができました。

関連ページ

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
ピクスー株式会社

  • mail:info@webiot.io
  • tel:090-9863-0987(担当:塩澤)