加速度センサー

加速度センサー

概要

加速度センサーにより、動きやセンサーの向きを検出できます。センサーが動く度、または静止する度にデータが送信されます。

ウェビオセンサー写真

活用例

  • ドアの開閉検知
  • サイコロ型の入力デバイス

主要諸元

  • 大きさ:50mm x 50mm x 25mm
  • 重さ:約40g
  • 電源:CR2477ボタン電池
  • ケース素材: PLA樹脂 (3Dプリント)

BLEタイプ仕様

  • 検知間隔:随時(動き/静止)
  • 稼働温度帯:常温
  • 電池寿命:約半年 (1日100回の動き検知時。使用状況により大きく変動します。)
  • 提供状況:β版
  • 税抜価格:500円/月

LoRaWANタイプ仕様

  • 測定間隔:未定
  • 提供状況:開発中 (詳細はお問い合わせください)

データの読み方

ウェビオコンソール上で表示されるデータの意味について説明します。

  • motion
    動きを検知したことを表します。値は常に1となります。

  • still
    静止状態を検知したことを表します。値は、ウェビオセンサーのどの面が上(重力の反対方向)に向いているかを表します。
    1 上面 (白いマークがある面)
    2 右側面
    3 奥側面
    4 左側面
    5 手前側面
    6 下面 (1の反対側)

  • alive
    加速度センサーは、動かない限り上記のmotionやstillといったデータを発信しません。 センサーが稼働していることを確認するため、一切動かなくても、aliveデータが発信されます。

    • aliveデータの発信間隔は5分です。
    • ailveデータの値はstillと同様に上面の向きを表します。

ご注文はウェビオコンソールからお願いします

お問い合わせ

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
ピクスー株式会社